ミックスボイスを習得した話 

 

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

 

今日は、僕がどんなふうに

 

ミックスボイスを習得してきたのか?

 

リアルなところをお話ししていきます。

 

 

 

まず、ボイトレを始めた頃の話ですが、

 

僕の場合、いわゆる“音痴”からのスタートだったんですね。

 

 

 

しかもこれ、自虐風自慢のなんちゃって音痴じゃなくて、

 

“真正の音痴”ですからね。

 

 

 

• 高音が出ない(宇宙戦艦ヤマトが歌えない)

 

•  一定の間隔で手拍子できなくて、ドン引きされる

 

• 一度音程が外れると、嵐のように音程を外しまくる

 

•  抑揚がなくて「お経みたい」と言われる

 

• ピアノに合わせて音程が取れない

 

 

 

僕が歌う時だけ、みんな一斉にトイレに行きます。

 

そのレベル感です。

 

 

ここまでくると、(逆の意味で)すごすぎて理解できない人が大半でしょう。w

 

 

 

とにかく、あなたの想像のはるか斜め上をいく

 

レベルの低さだったと思ってもらえれば大丈夫です。

 

 

 

で、もはやこのレベルからのスタートだと、

 

正直何から手をつけていいか分からないんですよね。

 

 

もちろん、分からないなりにも、

 

最初は、Youtubeで色々とボイトレの動画を見たり、

 

ボイトレ本を買って練習してみました。

 

 

 

でもそれでも上手くならなかったので、

 

とりあえず、街の一番有名なスクールに通うことにしたんです。

 

設備が綺麗なところに惹かれたのと、有名だから安心 だと思ったからですね

 

 

 

実際、スクールで教えてもらったのは、優しくて人柄のいい先生だったし、

 

説明もわかりやすいから安心できました。

 

 

 

だから、「これなら成長できそうだな」と思ったのですが、

 

それが、どんなに通っても歌が上手くなることはなかったんですよ。

 

 

 

「リラックスして」

 

「お腹から声だそう」

 

「姿勢が悪い」

 

「鼻に響かせよう」

 

「頭に響かせよう」

 

 

 

レッスンに行くたびに、こんなことを教えてもらうんですけど、

 

正直、センスのない僕には、

 

言ってることの8割、9割は理解できませんでした。

 

 

 

「お腹から声を出そう」と言われても、ただお腹が固くなるだけで

 

イマイチ感覚が分からないし、

 

鼻に響かせようと思っても、ぜんぜん感覚が分かりませんでした。

 

 

 

「リラックスして高音を出そう」

 

と言われても、喉をリラックスした瞬間に声が裏返るし、

 

 

地声と裏声を繋ぐミックスボイスの練習をしても、ただ地声と裏声を行ったり来たりして裏返るだけ。

 

地声と裏声が一本につながる感覚なんて全然なかったんです。

 

 

こんな一丁前に有名なスクールに通ってるくせに、

 

いつまで経っても歌が上手くならない自分がみじめで恥ずかしかったです。

 

 

教えてくれた先生にも申し訳ないと思いました。

 

 

 

そして、だんだんネガティブなことばっかり考えるようになっていきました。

 

 

地声が低いから、きっと高音は出ないんだ。

 

ましてや音痴なんて、大人になってからじゃ絶対手遅れだろ。。

 

 

 

こんなふうに次々と負の感情が湧いてきて、もう練習に耐えきれなくなったんです。

 

そしてついにスクールを辞めたのです。

 

 

そこからは、本当に辛い毎日でした。

 

 

テレビやYoutubeで歌の上手いアーティストを見ては、

 

自分もあんなふうに歌えたら、、とため息をつく毎日。

 

 

 

ネットでボイトレを調べて試しては、やっぱりできない。。

 

 

それに比べて、僕の昔の知り合いは、

 

なんにもしてないのに、高音が出るし、歌も抜群に上手く歌えていました。

 

 

なんでこうも不公平なんだ。

 

 

もう、こんな辛い毎日を送るくらいなら、

 

歌なんて諦めた方がマシだ。

 

 

そう思って、何度も何度も歌を諦めようとしました。

 

 

Youtubeの音楽系チャンネルは全部見れないよにして、

 

テレビもアーティストが出るような音楽番組は見ないように

 

シャットアウトしました。

 

 

でも、それでも諦めることはできませんでした。

 

 

やっぱり歌を歌うことは大好きだし、

 

歌うなら、上手に歌いたい。

 

 

 

むしろ、「今度こそ絶対に歌が上手くなりたい」

 

そんな気持ちがふつふつと沸き上がってきました。

 

 

 

そして、そんなある日

 

Twitterを見ていると、

 

あるボイストレーナーのツイートが目に飛び込んできたんです。

 

 

 

正直最初は、「難しいことばっかり話しててよく分からないなー」

 

そんな印象でした。

 

 

ただ、よく読んでみると本質的なことを話しているし、

 

理論的でふかく納得できるものが多かったので、

 

 

もしかしたら、この先生は本物なんじゃないか?

 

 

そう思うようになったんです。

 

 

だからTwitterでDMを送って

 

先生にダメ元で会いに行ってみることにしたんです。

 

 

 

そして、体験レッスン当日。

 

 

 

なんと先生が駅に迎えにきてくれると言うので、

 

僕は先生を駅で待っていました。

 

 

それで5分くらい経った頃ですかね。

 

 

とつぜん頭がヒヤッとしたので、

 

空を見上げると、灰色の空からポツポツと雨が降ってきて。

 

 

 

「あー傘忘れた。最悪だー」

 

そんなことを、つぶやいた時だったと思います。

 

 

何やら、めっちゃデカイ男の人がこっちにむかって歩いてくるんですよ。

 

 

 

身長は余裕の180cmオーバー、ガッチリした体型。

 

そして、浴衣にサンダル。

 

そんな大男が前から傘をさして歩いてくるんです。笑

 

 

一発で「この人が先生だ」と分かるくらいの凄まじいオーラを放ってました。

 

 

そして、僕の前で足を止めた彼は、

 

「こんにちは、金子くんかな?」

 

と挨拶をしてくれました。

 

 

その声はずっしりとした深みのある声で、

 

そして、壁にヒビが入るんじゃないかと思うくらいの響きがあったので、

 

すっかりビビってしまいました。

 

 

 

そしてレッスン場に移動してからは、

 

そんなビビりまくりの僕を前に、

 

先生はボイストレーニングの本質をゆっくりと話してくれたんですね。

 

 

 

「君、手の指を一本ずつバラバラに曲げられるか?

 

曲げられないだろう?

 

小指だけを曲げようと思っても、一緒に薬指も曲げてしまうだろう?

 

 

そんなことが君の喉で起こってるんだよ。

 

つまり僕らの喉のパーツは、ごちゃごちゃに絡まってるんだ。

 

 

だから最初に

 

喉のパーツを全部バラバラに分離するんだ。

 

そしてそのパーツを鍛えて、調整してやるんだよ。」

 

 

これを聞いた時、最初は

 

なんだ、そんなことか。と思いました。

 

 

(いやいや、地声と裏声も元から分けて発声できるし、

 

声の分離なんて、たいしたことないでしょ。

 

そんなの僕でも出来るわー。)

 

 

くらいに思ってたんです。

 

 

でも実際にトレーニングをやってみると、全然できないんですね。これが。

 

 

できない、できない、できない。

 

言われたこと、全部できないづくしでした。

 

 

そこで初めて、自分に足りなかったのは才能でもセンスでもない。

 

 

ミックスボイスを習得するための

 

“土台作り”だったんだと気づいたのです。

 

 

 

実際、先生の生徒さんたちは、

 

みんな土台を固めて、涼しい顔してあっさりとミックスを習得してたし、

 

もともと音痴で悩んでた人も、プロ並みに歌が上手くなってました。

 

 

 

それに対して、僕は顔を真っ赤にして

 

ひたすら地声と裏声を繋いだり、声を鼻に響かせたりしてました。

 

ずっと、目先のミックスボイスのコツに踊らされてたんです。

 

 

土台を固めることの重要さを知らなかったからです。

 

 

 

正直この時、ずっと頑張ってきた方向が間違っていたことが分かって、

 

悔やんでも悔やみきれなかったです。

 

 

 

でもそれと同時に、

 

真っ暗闇のトンネルの中を歩いていた僕に、

 

パーっと一筋の光が差し込んできた気がしました。

 

 

こうして僕は、先生のレッスンを受けることを決意したのです。

 

 

ただ、問題はお金でした。

 

レッスン料金は、1年間で30万円かかるとのこと。

 

 

 

前のスクールで少ない貯金を使ってしまった僕に、そんな大金はどこにもなかったです。

 

 

でもここで諦めたらきっと後悔する。

 

 

そう思って、

 

工場の夜勤バイトを週7で入れて、

 

必死にバイトしてお金を稼いで、そのお金を全部レッスンに突っ込んだのです。

 

 

もちろん怖かったですよ。

 

大学1年生だった僕には、30万円はめちゃくちゃ大金です。

 

 

それだけあったら旅行だって行けるし、ゲームにたくさん課金できるし、

 

ほっぺた落ちるくらい美味しいものもお腹いっぱい食べられます。

 

 

 

だから、震える手を抑えながら、コンビニのATMに入金したのを覚えてます。

 

 

「よくそこまでしたな」って思うかもですけど、

 

 

そこまでしてでも

 

むかしの音痴で自信がない自分とは決別したかったんです。

 

 

 

歌のことで悩み続ける人生は嫌だったんです。

 

気持ちよく歌える喜びを噛み締めてみたかったんです。

 

 

 

だから大袈裟じゃなくて、

 

僕にとっては、人生を変える30万円と思って、ドカンと一気にレッスンに投資しました。

 

 

 

これでダメだったら最後にしよう。

 

そう覚悟を決めたんです。

 

 

 

そして、レッスンが始まってからは

 

先生の言うことを猿のように真似しました。

 

 

 

唇、喉、地声、裏声、、

 

喉のパーツを、ひとつひとつ分離して、

 

自由に動かせるようにしていく。

 

 

 

そして、バラバラに動かせるようになったパーツを鍛えて、

 

最後に鍛えたパーツを最終調整して、

 

実践で歌える“自由な喉”を作っていく。

 

 

 

この時は、やればやるほど

 

声が出るようになって、最高に楽しかったです。

 

 

楽しすぎて

 

いつでもどこでも、時間さえあればボイトレしてましたね。

 

 

大学の講義中も、教場の隅っこでひとり

 

小さな声で口ずさんでいたし、

 

駅のホームでも電車が通り過ぎる瞬間を狙って、大声で叫びました。

 

 

夜勤のバイト中も、頭がもうろうとしながらも

 

床に散らばったにんじんを掃除しながら、裏声の練習をしてました。

 

 

その間も音域は D4→G4 → A#4 → C5 →F5…と、ぐんぐん伸びていきます。

 

 

こんなに幸せなことはありませんでした。

 

嬉しすぎて夢かと思いました。

 

 

こんなふうにして、

 

先生と出会ってから、僕は迷うことなくあっさりとミックスボイスを習得できたのです。

 

 

追伸

 

よく、「ボイトレは何からやったらいいですか?」と質問をもらいますが、

 

 

1.パーツの分離  2.パーツの強化  3.パーツの調整

 

 

この3つの型を徹底的に真似することから始めてみてください。

 

本当にそっくりそのまんま真似してもらえれば大丈夫です。

 

 

型の基本的なことは、発声改善ルートでも解説してるので、

 

練習してみてくださいね。