加藤さん

 

 

• 後ろ下(地声)

 

「ご」で発声 ボビーオロゴンのような太くてこもった声が正解。

 

うなじ方向に向かって発声します。

 

 

【参考音源:後ろ下(地声)】

 

 

 

【練習音源】

 

 

ポイント:中音域(特にC4付近)から急激に喉が上がり出す癖があるので、

 

その音域付近からは特に喉を下に引き下げる意識を持ってください。

 

 

 

• 前下(地声)

 

「はっは」と発声。声色の特徴としては、”爽やかな深みのある声”

 

例)歌のお兄さん、ミュージカル俳優、アナウンサーetc

 

 

【参考音源:前下(地声)】

 

 

 

 

【練習音源】

 

 

 

ポイント:こちらも後ろ下同様、中音域(C4付近)から喉が上がる癖があるので、

 

より喉を引き下げる意識を強く持つことに注意してください。

 

 

 

• 後ろ下(裏声)

 

「ひょ」で発声。地声ボビーの裏声版。

 

うなじ方向に声を当てる意識を持つのがポイントです。

 

 

【参考音源:後ろ下(裏声)】

 

 

【練習音源】

 

 

ポイント:高音になるにつれて、口の形が「あ」に開いていく癖があるので、

 

なるべく口の形をキープする意識を持ってください。

 

 

鏡で自分の口を見ながら練習したり、動画を撮ってみると自分を客観的に見ることができるので、おすすめです。

 

 

• 後ろ上(裏声)

 

「や」で発声。ミッキーマウスの声そのもの。

 

軟口蓋もしくは後頭部を意識して発声するのがコツです。

 

 

【参考音源:後ろ上(裏声)】

 

 

 

【練習音源】

 

 

 

ポイント:後ろ下と違って、極端な太さ(ボビー感)はないですが、

 

かといって、前上のペラペラした響きではないことに最大限の注意を払ってください。

 

 

 

• 小声で地声(新しいトレーニング)

 

小声地声「あ」で柔らかく発声します。

 

【参考音源:小声で地声】

 

 

 

ポイント:”裏声に繋ぐ”という意識ではなく、あくまでも薄い地声の意識で練習するのがポイントです。

 

また、息もれNG。仮声帯の介入(バリバリ感)NGです。”息漏れのない柔らかい声”でお願いします。