地声で高音を出す秘訣。ベルティングボイスとは?

 

 

こんばんは、ボイストレーナーの金子です。

 

 

突然ですが、下の音声を聴いてみてください。

 

【音源】

 

 

(※直撮りらしいので、音質に関しては許してください)

 

 

これ、僕の生徒さんの歌声です。

 

 

彼も元々は僕と同等の最強レベルの音痴だったのですが、

 

最強レベルのシンガーに育ててしまいました。笑

 

 

 

・地声感溢れるパワフルな高音

 

・壁にヒビが入るほどの声量

 

・倍音豊かな声の太さ。

 

 

どれをとっても、最高レベルですね。

 

 

(とくに生で彼の歌声を聞くとリアルに鳥肌たちます。)

 

▼▼▼続きを読む▼▼▼

 

ただ現実には

 

彼のようにどんどん魅力的な歌声に進化していく人もいれば、

 

残念なことに

 

いつまで経っても歌が上手くならない人もいます。

 

 

 

その差は一体なんなのでしょうか。

 

 

 

才能?センス?生まれもった骨格?

 

 

全部違います。

 

 

 

いきなり答えを言っちゃうと、

 

ベルティングボイスを身につけているかどうかです。

 

 

 

ベルティングボイスというのは簡単に言えば

 

地声のまま高音を出すスキルですね。

 

 

※ hiB/B4(高いシの音)での比較

 

【音源:純粋なミックス】

 

 

 

【音源:純粋なベルティング】

 

 

 

極端にやってるので単体で聴くと

 

どっちも頭おかしい変な声に聞こえますが

 

比べてみると一目瞭然、ベルティングの方が地声感があると思います。

 

 

 

話を戻すと、

 

ベルティングを習得する人はみるみるうちに、

 

聴く人を一発で魅了できる歌声になっていきます。

 

 

 

冒頭の彼は最近ライブをやり出したみたいですが

 

Twitterで宣伝したらすでにお客さん集まってるほどです。w

 

 

 

数えきれないほどのバンドからオファーがかかってる

 

ボーカルもいますね。

 

 

 

やっぱりここまで多くの人を魅了できるのは、

 

ベルティングは感情を激しく揺さぶれるテクニックだから

 

というのが大きいです。

 

 

 

人はシンガーの”叫び”に心動かされます。

 

(叫びはシンガーの感情の高まりを連想させるから)

 

 

 

その点、ベルティングを使えると

 

地声で安全に高音をドカン!と叫べます。

 

 

 

だからベルティングを使えるシンガーは

 

聴く人の心グッと掴んで話さない

 

パワフルで魅力的な歌声で歌えるんですよね。

 

 

 

じゃあなぜベルティングだと力強い声を出せるのか?

 

というと、

 

ベルティングは“パワフルな声の源”だからです。

 

 

 

パワフルな声というのは3つの要素から成り立っています。

 

 

① 地声感

 

② 太さ(声の厚み)

 

③ 声量

 

 

この3つの条件が揃った声を、人間は”力強い声”と認識します。

 

 

 

そしてベルティングを習得すると

 

これら3つの要素を全て満たすことができるのです。

 

 

 

まずベルティングを習得すると地声感が出ます。

 

そして地声感が出ると今度は声に太さ(厚み)が出ます。

 

 

 

さらに声の太さは倍音を豊かにするので

 

声量のある声になります。

 

 

 

こんなふうにベルティングを身につけてしまえば

 

力強い高音の条件をポンポンポンっと

 

次々と満たしていけるのです。

 

 

 

だからベルティングを習得すると

 

一気にパワフルな高音をドカン!と出せるようになるんですね。

 

 

 

こんなふうに、ベルティングを習得すると

 

聴く人の心を撃ち抜くような魅力的な歌い方ができるのです。

 

 

 

その一方で、ベルティングを習得してない人たちは

 

高音のインパクトが出せないので、かなり苦戦してる印象です。

 

 

 

特にミックスボイス”しか”習得してないと

 

正直かなり悲惨なことになってますね。

 

 

 

たとえば僕の知り合いに

 

3年間ボイトレして完璧なミックスボイスを習得した人がいます。

 

 

 

余計な喉の力みもないし、

 

何曲でも楽な体感で歌い続けることができる

 

最高レベルのミックスです。

 

 

 

ただ、彼は”高音の弱々しさ”にかなり苦戦してるんですよ。

 

 

 

低音から高音まで弱々しくつながったミックスを

 

パワフルにしようと頑張ってますが、声はずっと裏声っぽいままです。

 

 

 

ミックスを鼻に響かせたり、

 

ミックスで喉を開いたり、

 

あるいはお腹に力を入れてミックスを出したり。

 

 

 

「ミックスボイスを強めていけばきっと地声っぽい高音になる」

 

と信じて ひたすらミックスを強化していたのですが、

 

全く地声感は出てきませんでした。

 

 

 

別に彼にセンスがないわけじゃないです。

 

むしろ僕なんかよりも、よっっっっぽど歌のセンスがあります。w

 

 

 

じゃあなぜ彼はパワフルな高音を出せないのか?

 

 

 

これ、あまり知られてないんですけど

 

そもそも,ミックスボイスって地声感を出すためのスキルではない

 

からなんですよ。

 

 

 

それはミックスボイスの定義を確認してみると分かります。

 

 

 

発声学の権威であるフースラーは

 

ミックスボイスを

 

“地声と裏声を繋ぐことができる声”と定義してます。

 

 

 

つまりミックスボイスの高音は裏声なのです。

 

 

 

本来の純粋なミックスは、

 

平井堅さんのようなやわらかい裏声っぽい高音なんですよ。

 

 

 

だから彼がいくらミックスを強化しようとしても

 

力強い高音にならなかったのはある意味当然なのです。

 

 

(裏声を強化しても、それはただの”強い裏声”ですからね。)

 

 

 

こんなふうに、ベルティングの存在を知らない人や、

 

ベルティングの習得をおろそかにしてしまう人たちは

 

 

 

毎日のようにミックスを強化しても、

 

5年10年とずっと弱い高音に悩み続けてしまうんですね。

 

 

 

じゃあどうすれば地声感を出せるのか?というと

 

繰り返しになりますがベルティングの習得一択です。

 

 

 

ベルティングを習得すれば

 

力強い高音の条件が一気に揃います。

 

 

 

海外シンガーのような太い高音も

 

壁にヒビが入るような声量も

 

感情揺さぶる地声感も

 

 

全て手に入ります。

 

 

だから聴く人を圧倒する魅力的な高音で歌えるようになるのです。

 

 

 

ちなみにベルティングというと難しそうな印象を持つ人が多いと思いますが、

 

別にそんなことはありません。

 

 

 

身体全身で歌えるように訓練するだけです。

 

 

 

ベルティングは地声で高音を出すわけだから、

 

やっぱり多くのエネルギーを必要とするんですね。

 

 

とても喉だけではそのエネルギーを補いきれません。

 

 

 

だから喉だけじゃなくて、

 

身体全身のエネルギーをたっぷり使って、

 

効率よくパワフルな高音を出せばOKという話です。

 

 

 

喉だけに頼るから難しいんです。

 

身体全身で歌えるように訓練すれば誰でも習得できるんですよ。

 

 

 

僕らはわざわざ喉歌いのハードモードを選ぶ必要はありません。

 

身体全身で歌うイージーモードでいきましょう。

 

 

 

それでは、自信をもってベルティング発声をガシッと掴み取りにいきましょう!

 

ありがとうございました。

 

 

追伸1

 

ベルティングの習得に関して何から手をつけていいか分からなければ

 

ベルティング入門講座を作ったのでやってみてください。

 

ベルティング入門講座

 

 

 

追伸2

 

ベルティング単体で使ってもOKですが、”がなり発声”と組み

 

合わせることで、より地声感を増大させることもできます。

 

 

【音源:がなり発声】

 

※ まだ枯れない花を(赤字=がなり 黒字:クリーントーン)

 

 

 

ベルティングを習得すると、がなりとの相性もいいのでロッ

 

ク系の曲を歌う人は特に習得をおすすめします。

 

 

 

追伸3

 

念のため 誤解を生まないようにお話ししておきますが、僕は

 

ミックスを全く否定してません。

 

 

 

ただ、こと爆発的な地声感を出すことに関しては、ベルティングに

 

軍配が上がるということを伝えたいんですね。

 

 

 

ミックスは柔らかい高音や透明感のある高音に適しているけ

 

れど、それ単体では高音の地声感に欠けます。

 

 

 

ベルティングは地声感のある高音に適してるけれど、繊細な

 

柔らかい表情をつけるのは難しいです。

 

 

 

それぞれに長所と短所があるので

 

ミックスとベルティングを曲やフレーズ単位で使い分けるの

 

がベストだと考えてます。

 

 

==============

SNS &サービス

==============

 

・プライベートレッスン

 

対面、オンライン(Skype/Zoom)でのマンツーマンレッスンを受け付けております。

 

プライベートレッスン詳細

 

 

・オンライン動画講座

 

ミックスボイスの習得に特化した教材です。

 

ミックスボイス養成講座「幹」

 

 

・公式Youtubeチャンネル

 

「自由な喉」をモットーに、着実に歌唱力を高めるためのボイトレ情報を配信しています。

 

Youtubeチャンネル「自由な喉」

 

 

・公式HP

 

当スクール「自由な喉」の公式HPです。

 

公式HP 「自由な喉」